なぜダイエットで便秘になるのか

ダイエットを始めたら便秘になる人が多い理由と対処法!

ダイエットを始めると、便秘になることが多いです。理由は、単純に食べる量が減って便のかさが少なくなったこととで腸が刺激されにくくなったことがまず第一に挙げられます。他には、腸を刺激するためのマグネシウムなどのミネラルが不足している可能性があります。

 

食べる量が減ったということは、便を押し出すために必要な量が少なくなるということです。これに対しては、食べる量を増やしてしまってはダイエットになりませんから、カロリーを吸収せずに済む食物繊維でかさを増やしてあげるといいでしょう。寒天などはほぼ0カロリーで、食物繊維が豊富なのでおすすめです。他にはキャベツやごぼう、豆類など腸を刺激してくれる野菜を食べるといいでしょう。こんにゃくも便の出をよくしてくれます。

便の滑りが悪くなっている場合の対処法

ダイエット中は脂っこいものは避けるようになるので、便の滑りが悪くなることがあります。油を触るとヌルヌルしていますが、これが体内に入ることで便の滑りを良くしてくれます。

 

もし便秘だと感じたら、太りにくいと言われているオリーブオイルなどを摂取するとダイエットしながら便秘改善できます。

 

スプーン1杯(15cc)くらいをそのまま飲むか、抵抗があるならサラダなどにかけて食べてみましょう。スープなどに入れてもOKです。

 

また、魚の脂は太りにくく、血液をサラサラにしてくれる効果が期待できるDHAやEPAといった栄養素が含まれているので、ダイエット中の脂質摂取としておすすめです。肉を食べるのに抵抗があるならば、魚を食べて脂質を摂取して便の出を助けてあげましょう。

水分とミネラル不足の対処法

水分とミネラルが不足することで便秘になることもあります。特にミネラルで大切なのが、先ほど言ったマグネシウムです。天然の下剤とも呼ばれているミネラルで、不足すると腸の刺激が弱くなって便の出が悪くなることがあります。

 

水分不足も関係していることもあるので、これに対してはミネラルウォーターを飲んで両方一緒に解消してあげましょう。

 

マグネシウムが豊富に含まれているミネラルウォーターを選ぶのがポイントです。国産の水よりもヨーロッパを水源としている硬水の方がミネラル分が多いのでマグネシウム摂取の効率が良いです。

 

水分補給をするときには、一度にがぶ飲みしないでこまめに飲むのがポイントです。一度に飲むと消化吸収器官に負担をかけますし、むくみの原因になるので注意しましょう。