キャベツを食べてダイエット

短期間集中ダイエットと聞くときついエクササイズを思い浮かべますよね。しかし普段から運動していないのにいきなりエクササイズというのは大変で、挫折する原因にもなります。

 

できれば無理のない範囲でストレスなくできるのが理想ですよね。

 

そこでキャベツダイエットです。これは食事の前にキャベツを食べるだけというお手軽な方法です。キャベツ6分の1個を目安にできるだけ生のまま食事の前に食べます。
食事はなるべく彩りを意識してバランスのいい食事をとりたいですが、その他は何を食べても構いません。もちろん適度にスイーツもOKです。

 

キャベツを食べていればあとは自由というのがうれしいですよね。

 

生のキャベツをよく噛むことで満腹中枢が刺激され、普段より少ない量でも満足することができますので、ダイエットにつきもののストレスが軽くすむケースが多いです。

ポカポカスープダイエット

次の短期間集中ダイエット方法は体を温めて代謝をよくするスープを飲むダイエット方法です。

 

このスープの基本はたっぷりのお野菜。そして必ず入れてほしいのが、生姜です。生姜はすり下ろしでも刻んでもなんでも構いませんが、すりおろしの場合だけは飲むときに入れるようにしましょう。

 

玉ねぎやニンジン、キャベツに白菜など、その時冷蔵庫にあるお野菜をひたすら細かく切り、かぶるくらいの水を入れて煮込むだけという簡単なスープです。最後に塩コショウで味付けをします。物足りない時にはコンソメを少し入れると味が調います。

 

作る時には生姜は必ず入れますが、他にもニンニクやニラ、ネギなどの薬味成分を持つお野菜を入れると代謝機能を助けてくれます。代謝がよくなると脂肪の燃焼が進みますし、汗をたくさんかくようになります。そのため短期間に体重を落としやすいのです。

夜だけ断食ダイエット

最後の短期間集中ダイエット方法は夜だけ断食するダイエットです。断食はよく聞きますが、やはり丸1日食べないというのはストレスですし、回復食にも気を使います。その点夜だけの断食であれば起きてから食べればいいという安心感からストレスを軽くできます。
方法は夜6時までに食事を終えること。6時前に食事をする時にもおにぎりやたんぱく質などの軽いものに限定します。ただし水分はきちんととります。
どうしても空腹に我慢ができないという場合にはチョコレートやガムなどを口にすることは構いません。空腹を我慢できないのは低血糖の症状がある場合も考えられます。少しの糖分を口にすることで血糖値が落ち着き満足することができます。
眠っている間にも新陳代謝が行われるので、この時間に食べ物が入らないとたくわえた脂肪などを燃焼することができます。翌朝の食事は消化のいいものを選びましょう。